福祉住環境コーディネーター3級合格のための勉強法(20代/男性)

      2017/08/22

福祉住環境コーディネーター3級って、簡単にいうとどんな資格?

 福祉住環境コーディネーター3級の資格は医療と福祉と建築というそれぞれが専門分野として独立して機能する内容を理解、応用連携させながら実践していきます。
 合格率は比較的に低いです。
 受験資格は学歴、年齢、性別、国籍は問いません。筆記試験だけです。
 福祉や医療関係の方が比較的受験しています。特に福祉関係の方は受験する価値はあります。

福祉住環境コーディネーター3級を取得するきっかけ

 私が福祉住環境コーディネーターの3級の資格を取得しようと思ったきっかけは介護の仕事をしていて、資格が何もなくて、何か資格が取れないか探したらこの資格があることを知ったからです。
 福祉と医療と建築関係の知識を職場で生かしたいと思いました。
 比較的勉強時間も少なくて難易度も低いと思ったので、福祉住環境コーディネーター3級を取ろうと思いました。

福祉住環境コーディネーター3級取得をした私の勉強法


勉強時間は60時間程度


 勉強時間は60時間ぐらいでした。
 出来るだけ毎日勉強しました。3ヶ月ぐらい勉強して試験に望みました。

独学で勉強


 勉強は独学でやりました。福祉住環境コーディネーター頻出ポイント実戦問題を一冊本屋で購入して勉強しました。
 テキストと問題集が一緒になっていて、模擬問題も付いていましたから、まずは模擬問題を少し解いてみてどのくらい自分が正解しているかや理解しているか把握してからテキストを読んでいきました
 重要なことはノートに転記して口に出して覚えていきました。
 またマーカーをつけたり、大事な所はシールを貼りました
 問題を付いているから間違えた所は、テキストを見返して理解して覚えていきました
 テキストを2回通り読んで問題も二回通りやりました。
 福祉住環境コーディネーター3級はマークシートの試験ですから完璧に覚えていなくても問題を解くことが出来ます。

一発合格することができた


 私は1回の試験で合格することが出来ました。勉強するモチベーションを保つことができたのは、仕事で活用できると思ったから苦痛なく勉強が出来ました。
 福祉住環境コーディネーターの3級はテキスト一冊と過去問をやれば誰でも取得できる資格です。学校にも行かなくて自宅学習で合格できる資格です。

福祉住環境コーディネーター3級取得に役立った学校や書籍

福祉住環境コーディネーター3級が実社会で生かされたシーン

 福祉住環境コーディネーター3級の資格を取得して役に立ちました。
 私は仕事で介護職員をしてますが、福祉住環境コーディネーター3級の資格を取得して介護福祉士と介護支援専門員の資格を取得しました。スキルアップしていきました。
 福祉関係や医療関係の方は履歴書に書くことが出来ます。
 今は建築知識を意識して、福祉事業者と話をしている時に資格の知識が生かされます。

 - 100時間未満, 30代, 公的資格, 独学(書店にて本を購入), 男性, 福祉住環境コーディネーター3級 , ,