AFT色彩検定3級合格のための勉強法(20代/女性)

      2018/01/25

AFT色彩検定3級って、簡単にいうとどんな資格?

 AFT色彩検定3級は色に関する資格です。色の効果や役割を勉強して仕事や普段のコーディネートに活かす資格になります。色が与える心理的な影響、色の組み合わせなどの知識を得ることができます。企業が商品の販売促進のために効果的に色を使う際にもこの資格の知識が役立ちます。
 合格率は高いので真剣に勉強をすれば取得できる資格だと思います。

AFT色彩検定3級を取得するきっかけ

 当時、ネイルの学校に行っていたのと、アパレルの販売員を行っていて、ファッションやネイルで色の知識をもっと深めたいと思っていました。お客様に服の商品知識やコーディネート術を伝えるためには、色の詳しい知識が必要だと思っていたのです。
 また、ネイルを施術する際にも、どの色の組み合わせがよいかや、色が人に与える心理的影響などを知ってもっと技術の向上をしていたいと考えていたため資格を取得しようと思いました。

AFT色彩検定3級取得をした私の勉強法


勉強時間は100時間程度


 集中力がないのに長時間勉強をしても意味がないと思っていたので、短時間で集中して勉強をする方法を取り入れていました。人間が集中できる時間は最大で1時間半だという知識を何かで知り、それなら1日1時間半だけやるようにしようと思いました。
 仕事や学校があったのでそれらが終わった夜に1時間半だけ時間をとり勉強していたのです。
 私には少しの時間だけ集中して行うというやり方が合っていました。やる気が起きない時には無理に勉強するのはやめて、集中力が出てくるまで自分が好きなことをしたり休んだりして、あくまでも楽しみながら勉強を行うことを徹底しました。

教科書は色彩検定3級本試験対策


 教材は色彩検定3級本試験対策だけで、少しずつ進めていきました。
 本に掲載されている問題は何度も解きました。繰り返し解くことで自然と覚えていくと思います。
 間違えた問題はマークをして、正解するまで何回もチャレンジしました。そのおかげで間違えた問題が得意分野になりました。

勉強場所について


 場所は自宅の自分の部屋で行うことが多かったのですが、仕事や学校が休みの日には図書館の学習室で勉強をしていました。その方が勉強を邪魔する誘惑がなくて集中できるからです。
 図書館にいる時には1時間半以上勉強を行い、集中力が途切れるまでやっていました。
 通勤や通学の時間は勉強はしませんでした。だらだらと勉強をしても効果がないと思っていたからです。

AFT色彩検定3級取得に役立った学校や書籍

AFT色彩検定3級が実社会で生かされたシーン

 色彩検定を取得して、仕事やネイルに役立てることができました。服の販売の際には、似合う色の組み合わせを自信を持ってお客様に提案することができたのです。
 また、インテリアの色選びの時にも役立ちました。どの色をどれくらいの割合で使えばよいかを知っていたので、部屋を見た友達におしゃれだと褒められました
 さらに、履歴書に色彩検定取得を書いて、なぜこの資格を取得しようと思ったのか聞かれた時に、アパレルの仕事やネイルの学校に行っていた時に将来に活かしたいと思って取得したと述べたら、面接官にやる気があると褒めていただいたので取得してよかったと思っています。

 - 100時間未満, 20代, 女性, 民間資格, 独学(書店にて本を購入), 色彩検定3級 , , ,