医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)合格のための勉強法(20代/女性)

   

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)って、簡単にいうとどんな資格?

 医療事務に関わる資格です。
 メディカルクラークでは、主に健康保険の種類について、医師が記入したカルテを読み取って診療報酬の計算をする勉強をします。
 実際の医療事務の現場では、受付をしたり、会計をしたりもします。
 比較的短時間で取れる資格です。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)を取得するきっかけ

 その前にしていた仕事がどうしても自分にあわず転職しようと思っていました
 そこで昔から興味のあった医療の現場でどうにか働けないかと考えるようになりました。
 しかし、次に働くまでにいつまでも無職でいるわけにもいかず、学校に何年も通うのは費用も時間も難しいので、少しでも早く資格を取得できる医療事務を選びました。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)取得をした私の勉強法

勉強時間は24時間


 勉強時間は24時間でした。

ニチイについて


 ニチイ学館には通信講座と通学講座があります。
 私が選択したのは通学講座です。
 なぜかと言うと、通信講座ではいつでもできるということで先伸ばしにしてしまう可能性があるからです。
 また、分からない問題があったのに、返答まで時間がかかるのが嫌だったからです。
 リアルタイムで分からないことは聞ける環境がほしかったからです。
 実際に通学講座を選択してよかったです。
 一緒に同じ教室で学ぶ人たちがいるので、刺激をもらいました。
 もちろん、先生との直接のやり取りで詳しく教えてもらいました。
 特に、医事オペレータ技能認定試験(メディカルオペレータ)というパソコンの資格も一緒に取ったので、その場で機器に触って、その場で教えてもらわなかったら分かりにくかったと思います。

自宅でも勉強


 通学講座で授業を受けた時間以外に、自宅でも学習を行いました。
 授業に使った本を読み返したり、講座の受講でもらった過去問や問題集などを解きました
 家でなかなかはかどらないときは、図書館の勉強コーナーを利用して、問題を解いていました。
 私が利用した問題集は講座でもらったものばかりで、他に市販の問題集を買い足すことはありませんでした
 これで資格を取得できたので、十分だったと思います。
 いくつもの問題集をするより、一つを完璧にできるようにした方がいいと思います。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)取得に役立った学校や書籍

ニチイ学館

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)が実社会で生かされたシーン

 取得して、その資格を元に次の仕事が決まりました。念願の医療の現場で働けることになりました
 実生活には自分が診療を受けたときにかかった費用の理由が分かることと、健康保険に詳しくなりました
 働き始めてからカルテを多く見るようになったので、病気のことや薬のことについて学べたので、自分や家族の病気の時に間接的に役立っています

 - 100時間未満, 20代, 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク), 女性, 民間資格, 通学 , ,