フォークリフト運転者取得のための勉強法(20代/男性)

      2018/04/15

フォークリフト運転者って、簡単にいうとどんな資格?

 フォークリフト運転者は工場の倉庫で活躍する資格です。フォークリフトを使うことで、パレットとよばれる板を持ち上げて移動でき、大量の荷物を移動したり、上げたりできます。持っていると倉庫内では重宝します。エアコンの室外機や棚、ドラム缶、その他、重い物を運べるためです。
 フォークリフト運転者を取得するには、講習を受けます。そこでテキストが配られ講習が始まります。

フォークリフト運転者を取得するきっかけ

 仕事でダンボールや棚、やソファーなど移動しなければならない物が増えてきて、ハンドリフトでは限界を感じ、会社でお金を出してもらい、取らせて頂きました
 とにかくドラム缶などはハンドリフトでは運べる物ではありません、軽ワゴンに2人で積み、運ぶといった作業が大変で、これを1日何回かやると腰を痛めるので大変でした。上司の命令で取得するようになりました。

フォークリフト運転者取得をした私の勉強法


研修を受ける


 フォークリフト運転者は3日の研修で取得できます

研修について


 勉強は座学と実技と2つに分かれていました。基本、トラック協会の研修場で座学と実技を両方やります。

座学について


 まずは座学からですが、フォークリフトの基本的な角度や、法令といったフォークリフトのことの全般について学びます。

実技について


 それが終わったら、次は実技です。実技は、まずフォークリフトの操作方法を学びます。エンジンのかけ方から、フォークの上げ方、下げ方、移動方法を学び、次に円を書くように動かす事を指導されます。
 次に囲いを作り、フォークリフトが通れるような構造にして、そこには練習用の荷物があり、決まった道順で通る練習をします。
 最初はコースを通るだけで精一杯なのですが、慣れてくると荷物持ちながら移動出来るようになります。それを何回か行い、指差し確認を習います。

実技のテストについて


 最終日に実技試験のテストがあります。ここを合格しなければ免許はもらえません。
 時間制限があり、緊張して試験にのぞみました。私は、時間オーバーになって、減点されても良いからゆっくりやろうと決めていました。
 案の定、時間オーバーになりましたが見事、合格しました。

筆記試験について


 筆記試験は先生がここが大事ですよ、というところを暗記しておけば大丈夫でした。案の定、そこが試験に出て見事、筆記も合格できました。そして、無事に免許が郵送されて来ました。

フォークリフト運転者取得に役立った学校や書籍

 各県にあるトラック協会か工場での教習になります。

フォークリフト運転者が実社会で生かされたシーン

 仕事場でとても役にたちました。ドラム缶は1人で運べるようになりましたし、棚やソファー、ダンボールのパレット、A4用紙が60箱のパレットを移動できるようになりました。部品や大きなダンボール、トイレットペーパーのパレットを運べるようになったりフル活躍です。
 ちょっと運んでくれや、と頼まれる事もあり、また他の部署からフォークリフトで作業してくれないと頼まれる事も多くあり大活躍です。

 - 100時間未満, フォークリフト, 国家資格, 通学 , , ,