パーソナルカラリスト検定2級・3級合格のための勉強法(30代/女性)

      2017/04/15

パーソナルカラリスト検定2級・3級って、簡単にいうとどんな資格?

 社団法人・日本カラリスト協会が主催する「人と色」に着目した検定です。パーソナルカラリストとは、人の髪や肌や目の色(パーソナルカラー)を診断し、その人に似合う色をアドバイスする仕事です。CUS配色調和という色彩の知識を身につけることで、ファッション・コスメ・インテリアなど、さまざまな分野で活躍することができます

パーソナルカラリスト検定2級・3級を取得するきっかけ


 私は趣味でイラストを描いているので、色彩の勉強ができれば自分の作品がもっと良くなるのではないかと思い、勉強してみようと思い立ちました。そこで通信講座のユーキャンで資料を取り寄せてみたところ、普段の洋服選びやメイクの際も色彩の知識が役に立つと書かれていて、ますます興味が湧いて講座を受講しようと決めました。

パーソナルカラリスト検定2級・3級取得をした私の勉強法

勉強時間は1日3時間


 私はユーキャンの通信講座を利用したため、自宅で計画を立てて1人で勉強しました。1日のうち3時間ほどを勉強の時間にあて、テキストの自分がここまでやると決めた範囲を毎日少しずつ覚えていきました。

ユーキャンの教材について


 ユーキャンのカラーコーディネート講座を受講しました。
 ユーキャンの教材はとても分かりやすくて、テキストを順番に勉強していけば充分な知識が身につけられると実感できましたし、試験日までの勉強のスケジュールについてもアドバイスが書かれているため、1人でも安心して取り組めました。

徹底的に勉強するために問題集も購入


 ユーキャンから送られたテキストや問題集をやるだけでも試験に合格するには充分だったと今では思っていますが、勉強していた当時は万全を期したかったので、誠文堂新光社から出版されている「パーソナルカラリスト検定問題集」を別途購入しました。ユーキャンで勉強できるのは2級と3級の範囲でしたので、問題集も2級と3級のものを買いました。
 ユーキャンのテキストを読んで練習問題を解き、別冊の問題集をすべてやった後、「パーソナルカラリスト検定問題集」の2級と3級の2冊分を全部2度ずつ解きました。
 それが終わる頃には、問題の答えを間違えることはほどんと無くなっていたので、試験にも自信を持って臨むことができ、合格しました。

パーソナルカラリスト検定2級・3級取得に役立った学校や書籍

ユーキャンのカラーコーディネート講座



パーソナルカラリスト検定2級問題集




パーソナルカラリスト検定3級問題集


パーソナルカラリスト検定2級・3級が実社会で生かされたシーン

 色を理論的に勉強したことによって、イラストを描く時の色選びはもちろん、服や化粧品を選ぶ時も自分に似合う色を迷わず選ぶことができるようになりました
 私の場合は仕事とは関係無く趣味で取得した資格でしたが、日常生活でとても役に立っているので勉強して良かったと思っています。2級と3級に合格したら1級にも興味が出てきたので、独学で勉強することも考え中です。

 - 100時間未満, 20代, パーソナルカラリスト検定, 女性, 民間資格 ,