医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)2級合格のための勉強法(20代/女性)

      2017/06/23

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)2級って、簡単にいうとどんな資格?

 ニチイ学館の医療事務に対する資格です。
 医療機関において、診療報酬明細書を作成するのに役に立ちます。また、数年毎に法律の法律改正があると、この診療報酬の点数が変わってしまいます。(点数掛ける10で、料金になります。)その度に、医療機関も請求する内容を変えないといけないので、常に勉強をして知識を持たねばならぬ仕事として、医療事務は重要な位置を占めると思います。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)2級を取得するきっかけ

 メディカルクラークを取得したきっかけは、会社の仕事の理解を深めたかったからです。
 当時、会社の業務が診療報酬明細書を扱ったものでした。ニチイ学館のメディカルクラークは、その診療報酬明細書を作成する内容が含まれていたため、会社の仕事に役に立つと思ったからです。
 会社では、明細書を扱ってチェックするだけだったのですが、ニチイ学館の講座では先生のカルテから明細を起こすので、作品を作り出すような感覚が楽しく、実際に見てるだけではわからなかったことも、ああ、こうなっているからこうやって書かれるんだ等、いろんな発見があったりして面白く勉強出来ました

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)2級取得をした私の勉強法


勉強時間は100時間くらい


 勉強時間は100時間くらいでした。

ニチイ学館の授業をしっかり復習する


 具体的な勉強方法は、基本は授業の復習をしっかりするということでした。
 始めに、担当の先生から私の言う通りにやれば絶対受かりますという話をいただきました。すごい、パワフルな女性の先生でした。
 初めはその先生の言う通りにしていました。フルタイムで働いていたので、土日に講座に通い、宿題をの講義を忘れないうちにこなすことだけで精一杯でした。そして、それで良いとのことでした。

ニチイの過去問を解く
 そして、授業にも慣れてきて、宿題をこなすのにも慣れてきた頃から、過去問を解くことを始めなさいと言われ、その通りに解きはじめました。そして、わからなかったことを先生に質問して、わからないところが無くなるように努めました。
 その過去問は、ニチイ学館の出版しているものだけで大丈夫でした。3年分位の過去の試験の問題集でした。それをただ、折を見て3回位繰返し解いたと思います。当初は土日だけで勉強していましたが、勉強に慣れてきたら、平日も会社のから帰った後にも1~2時間等けっこう頑張って勉強することが出来ました。
 過去問を繰り返すと、大体どこで、自分はつまづくか良くわかったし、そこを押さえることが何よりも大切なのも、わかりました。
 また、大体どういう所が試験に好んで出てくるかもよくわかってきて、ポイントを押さえることも出来たと思います。

一発合格することができた


 メディカルクラークはニチイ学館の試験なので、ニチイ学館の問題集だけで全く大丈夫でした。そのかいもあって、1回で合格することが出来ました。その時クラスで仲良くなった方も合格出来ていました。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)2級取得に役立った学校や書籍

ニチイ学館千葉校舎

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)2級が実社会で生かされたシーン

 実際メディカルクラーク取得したことで、その当時いた部署では楽しく仕事に臨むことが出来ました。しかし、その部署での自分の株があがってしまいました。
 結果、やる気があるんだと認められて、もうちょっと踏み込んだ内容を扱う部署に異動になってしまいました。しかし、そこでは、一人当たりの医療費などの、統計と分析がメインになってしまって、一生懸命勉強したことが、あまり役に立たなくなってしまいました。

 - 100時間未満, 20代, 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク), 女性, 最初に, 民間資格, 通学 , , , , ,