比較的簡単に取れて、履歴書に書くこともできる資格をピックアップ!

履歴書に書ける! 簡単に取得できる資格

30代 500時間未満 公的資格 女性 独学(書店にて本を購入) 色彩検定2級 色彩検定3級

AFT色彩検定3級、2級合格のための勉強法(30代/女性)

AFT色彩検定3級、2級って、簡単にいうとどんな資格?

 色彩検定は色彩検定協会による、色彩に関する検定です。
 文部科学省後援の技能検定です。
 1~3級まであります。

AFT色彩検定3級、2級を取得するきっかけ

 出産前はフリーでデザイナーをしていたのですが、出産後3年間仕事を休んでいました。
 出産後は、仕事とプライベートが曖昧になりがちなフリーランスではなく、時間で区切りがつく派遣でデザインの仕事をしようと思っていました。
 仕事復帰するにあたり、資格があったほうが良いかと思ったことと、しばらく休んでいたので感覚を戻すために勉強を始めました。

AFT色彩検定3級、2級取得をした私の勉強法

勉強時間はトータルで100時間越え


 勉強時間は総合して120時間でした。
 試験勉強は、子どもを寝かしつけた後、毎日1時間ほど行いました。

市販のテキストで勉強


 元々デザインの仕事をしていたので、馴染みがある言葉も多く、通学ではなく、市販のテキストで独学後、試験を受けました
 勉強して思ったのは、3級・2級は、解りやすいテキストを使用すれば、通学しなくても独学で取れるような気がしました。
 色彩検定は3級と2級を一度に受験できるので、一度に取得しようと思い、3級と2級の両方に対応している「ひとりで学べる 色彩検定2級・3級試験テキスト&問題集」と「わかる!色彩検定2・3級問題集」を購入し行いました。A・F・T 色彩検定公式テキスト2級編はあったほうが良いとは思いますが、公式テキストを読むより、解りやすく解説してある市販のテキストと問題解答が、理解しやすく自分にはあっていると思い、公式テキストは購入しませんでした。
 テキストを読んだ後に問題を解き、間違えたところをもう一度テキストを読む方法で行い、1冊のテキストと問題集をそれぞれ3周行いました。テキストは解りやすく書いてあったので、デザイン関係にない人でも解りやすいと思います。デザイン関係にある人であれば、3級の問題集はスピーディーに進めることができると思います。普段の生活でも色彩は関係してくるので、勉強していてとても面白かったです。

AFT色彩検定3級、2級取得に役立った学校や書籍



AFT色彩検定3級、2級が実社会で生かされたシーン

 普段の生活でも色は関わってくるので、この色は何色かと考えるようになりました
 以前は感覚的に配色をしていましたが、理論的に配色を行うことが多くなりました。知らなかった色も多くあったのですが、色の名前の知識が増えると、的確に言葉で記録を残すことができるので便利です。
 色彩検定は内閣府が認定している試験で、専門学校生や大学生も多く、就活では履歴書に記載できるので良いと思います
 A・F・T色彩検定2級

-30代, 500時間未満, 公的資格, 女性, 独学(書店にて本を購入), 色彩検定2級, 色彩検定3級
-

Copyright© 履歴書に書ける! 簡単に取得できる資格 , 2019 All Rights Reserved.